• 全てのサッカーファンの為の情報サイト
Getty Images

W杯ロシア大会で活躍した選手といえば、まずはMVP(ゴールデンボール)に輝いたルカ・モドリッチ選手があげられます。ルカ・モドリッチはクロアチア代表のMFで、同国代表の史上初の決勝進出に大きく貢献しました。中盤を支配する大会屈指のオールラウンダーであり、キャプテンとしてチームをまとめながら得点チャンスを作ったことが高く評価されています。 キリアン・ムバッペ選手はフランス代表のFWで、車よりも速くコンピューターよりも速い思考能力を持つ選手だとされています。

10代での出場でありながら1試合で2得点を奪うなど、元ブラジル代表のペレやロナウドに匹敵する選手として高く評価されているのです。フランス代表ではその他に、MFのヌゴロ・カンテ選手が注目を集めました。世界でも最高水準となる中盤の守備的選手であり、この4年間に数多くのタイトルを獲得しています。 番外になりますが日本代表の中で活躍した選手として、4試合に出場して2ゴールを挙げた乾貴志選手があげられます。現地における評価も高く、新聞などでは「左のインサイドフォワードとして高い技術を持っている」「パスやドリブルが正確で、なんとなくイスコ選手に似ている」「どこからやってきたのかはよく分からないが、彼は良い選手だ。」などと紹介されています。 ちなみにCBというのは、サイバーステップ社のオンラインゲーム「コズミックブレイク(CosmicBreak)」のことだと思われますが、筆者はスポーツ以外の知識には乏しいため評論は省略させていただきます。